フランスの小さな村から

≫ EDIT

自然のほうが育ちが良い?

昨日のランチ56名(お散歩クラブ)の皆さま
20180516_121735p.jpg 
天気が良いのでテラスに
この日はメニューが決まってまして
クスクス(アフリカ発祥の食べ物)
久しぶりのケータリング業務 楽しかったです

こちらのお客様から40ユーロのチップ頂きました
義理兄のケータリングの場合サービススタッフのみでしたが
こちらのレストランはキッチンスタッフ.サービススタッフで分けるそうです

昨夜分けていただきました(オープン日から昨夜分)
キッチンシェフと二人で分けて 28ユーロ

チップがある国っていいですね
でもフランスには態度が悪いウエトレスさんも多くて
こんな人にチップあげたくない!なんて思う時もありあます
何でしょうね?不思議です


さてタイトルの話ですが

温室で育てた小豆↓
20180515_090958p.jpg 
↑畑に植えたら 葉が焼けてる?

環境が違い過ぎた?

畑に種まきした小豆↓
20180515_090939p.jpg 
こちらのほうが茎も葉も立派

残念です (来年は畑撒きですね

20180515_090731p.jpg 
↑こちら枝豆(黒まめ)
お友達から頂きました

綺麗に発芽してますよ♪
Nさん ありがとうございます

20180515_090809p.jpg 
小さなピーマン発見!

20180515_090833p.jpg 
手作り温室で育つゴーヤー様

大好きオクラちゃん
20180515_090913p.jpg 
ペットボトル温室↑
順調に育ってます

ペットボトルナシ↓
20180515_090859p.jpg 
元気がない
先週は気温が下がってたのでオクラちゃん寒かった


これ↓
20180515_091250p.jpg 
ゴボウかな?
小さな芽が沢山あってゴボウ?
ケチって4粒撒いた(笑

不安なので追加で大量に撒く予定です
(今年は絶対にゴボウ食べたい)


野菜の種沢山あるんですが
購入したの。。。3年~4年前
発芽率が下がってる

ケチケチしても仕方ないので(発芽率下がるし
(日本産だからけちる私)

最近はあちらこちらに適当に撒いてます


最近のわが村は・・

雨続きで
20180515_091707p.jpg 
飛び石が消えました

今朝おじちゃんが新しい飛び石作ってた
私はその横でラッキーと散歩
20180516_172127.jpg 
毎年綺麗に咲く黄色い花(ユリ科?


20180512_144457p.jpg
あるおじちゃんの畑
とても綺麗に手入れしてます



本日も読んでくださりありがとうございます
スポンサーサイト

| 家庭菜園 | 05:15 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アレルギーコレクション

大自然の中で暮らしてると
恐ろしいくらいの花粉が飛んでる

シンドイです


アレルギーの薬が切れたのでクリニックに予約の電話

メッセージセンターにつながり
(予約はインターネットからおねがいします)

便利な時代


昨日待ちに待った予約日

前回と同じく電話ボックスみたいな箱に入って
呼吸機能検査

先生
(前回と全く同じ数値)あらら・・

いつになったら花粉はおさまります?

先生
(あなたはアレルギーコレクションだから・・一年中)
18個中 16個のアレルギーでした ←以前ブログ


今回の診察料78ユーロ


次回の予約は6か月後・・

処方箋をもって薬を買いに

ある村の薬局
20180514_170830320p.jpg 
日本の場合、調合して透明の袋に入ってますが

フランスでは箱入り(日本で買う市販の薬のような感じ?)
なので説明書も入ってます

前回と同じ薬一ヶ月分↓
20180514_175144140p.jpg 
同じ処方箋で6か月分購入することが出来ます

面倒で二ヶ月分下さいって お願いしたら
まとめての購入はダメだそうです

ついでに・・息子の処方箋も
20180515_134247p.jpg 
これなんだかわかりますか?




ワクチンと注射針、皮膚麻酔のパッチ

先月私の用で診療所に行ったときに
一緒にお願いした息子の処方箋
(処方箋二人分だったけど、診察料一人分でした)

日本の場合病院に行けばたぶんその日で接種できる?

フランスの場合

1.診療所の予約
早くて来週・・・
2.予防接種の処方箋を書いてもらい
3.薬局で購入
4.診療所の予約
早くて来週・・・
5.購入したワクチン持って診療所

予防接種するのに・・早くて二週間以上かかります


購入したワクチンは家の冷蔵庫で保存!
現在我が家の冷蔵庫にワクチンあり←三週間目

そうそう・・皮膚麻酔のパッチ
ワクチンを接種する日に家で皮膚麻酔のテープを
貼って・・診療所に行きます

それと日本の病院との違いは看護師がいない
これまで沢山の診療所、クリニック、病院など行ってきましたが
秘書と医者だけ
診察室では医者と患者さん 二人だけ

フランスでの看護師さんのイメージは
訪問看護かな? ←私の中でね

家に村にも沢山います
田舎だし年寄りが多いからね


明日は昼勤です
54人団体様♪ ケータリングみたいで楽しみです



本日も読んでくださりありがとうございます

| その他、日常 | 21:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犬みたいな猫

長い連休も終わり今朝多くの観光客が帰っていきました
今朝モバイルホーム二件だけの清掃

オーナーさんが
今夜もレストランは暇そうだから ←昨日暇だった

私は今夜出勤なし

今夜久しぶりに家で夕食食べれる


一昨日までは天気で賑やかだったキャンピング
20180510_175715972p.jpg 
あちらこちらでペタンク(フランス発祥の球技)
20180510_175727813p.jpg 

昨夜から雨、気温も10度以上下がった
同じアルデシュ地方で積雪40cmとか
5月に雪! ビックリです


タイトルの(犬みたいな猫)ですが

我が家のラッキー(元野良猫)
野良猫遺伝子が強いのか?
大きな物音、私の怒り声も、のほほんとしてる猫

仕事に行くときも着いてくる
(途中気づいてビックリして家に連れ戻した ←三回以上

近所のおじちゃんの猫は川のとび石を超えて
毎日おじちゃんと畑に通ってた
猫ちゃんは二年前に亡くなった18歳
20180504_092209p.jpg 
↑このおじちゃんの猫
そして飛び石↑これね

もしかしたら、家のラッキーも
出来るかも!
20180512_115805p.jpg 
家の近くまで一緒に散歩
散歩途中犬に出くわしても
逃げようともしない ラッキー
逆に犬が逃げた(笑

20180512_120324p.jpg 
木登り教えたら喜んで登ってます


実はラッキーかリーリー、このおじちゃんに
譲ろうとしたんです(奥さんが欲しがってた

おじちゃんが
(猫より自分達の寿命が近いからね)

そんなこと言われると悲しくなりますね
長生きして欲しいです



| その他、日常 | 22:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

懐かしい記憶

私が幼い頃から飲食店(24時間オープン)経営してた母

幼い頃学校の休み期間は、ほぼ毎日レストランで過ごした記憶
たまに忙しくて家に帰れないとき、レストランの物置で
兄弟と寝てた (音楽、雑音で眠れない

その後。。。私も働くようになり
時にはキッチンスタッフ、またはホールスタッフ 
スタッフが急に辞めた日には泊まり込みで働いた

今私が働いてるキャンピングのオーナーさん

彼の子供は 15歳と11歳の女の子
彼女達は学校が終わるとレストランまた近所のおばあちゃん家で過ごす
お昼、夕食はレストランで従業員と一緒に食べる

彼女達は、お酒の作り方も知ってる←私に色々教えてくれる

彼女達を見てると忘れてた懐かしい記憶を思い出す


そんな私が働いてるキャンピングのレストラン
こんな感じです
20180510_184212p.jpg 
昨日は天気が良くてテラスにテーブル
20180510_175811p.jpg 
テラスからの眺め
20180510_180040p.jpg 
裏のテラス

昨日はこんな感じ↓
20180510_194027p.jpg 
ベルーギからのお客様20名

昨夜は45名のお客さんとバーに20人ほど

カウンター椅子4つしかないのに・・
バーを囲むように沢山の飲んだぐれ。。

私もお酒好きですが・・
正直・・素面の時に酔っ払いを見てると

(あんな風になりたくない!)と心の中で思ってしまう

毎日来る人もいて、22時頃にカフェ.ジュース飲みに来たり
家で飲んだほうが安くない? って思うんだけど

(たぶん寂しくて誰かと話したいんだろうな?)

昨夜は23時前にディナー食べに来た人達も
すでにベロンベロン状態
次の日何食べたか覚えてるのだろうか?


田舎のバーレストランはこんな感じの毎日です


いま必死で覚えてるのが
20180508_193508 (1)p 
グラス・・・
オーナーさんのこだわりで 飲み物によってグラスが違う
ビールだけでも4種類以上

ちなみにビールは10種類あります

ここで人気のメニューが
picon ビール (少し苦い味のリキュールにビール)

昨夜20人のお客さんのアペロの注文を紙に書いて
バーに置いておつまみの注文をしに厨房に

バーに戻るとオーナーさんが注文の紙をみて大笑い
(日本語で書いてるから読めないよ)

オーナーさんが外出中だったので自分用に日本語で書いた(その方が楽)

また懐かしい記憶思いだした

沖縄のあるホテルレストランで勤めてた時
同僚の若い女の子20歳くらい?
毎朝ミーティングの時に色々メモするのですが
その時にその女の子のメモ帳をのぞいたら

ドイツ語・・

その子はハーフで17歳までドイツで育ち
親の離婚で母親と一緒に沖縄に戻って来た
彼女は日本の生活が嫌でドイツに帰りたくて母親に相談したら

母親
(戻りたいなら自分で飛行機代稼いでパパの所に行きなさい)
そんな理由で始めたバイト

彼女はオーダーも日本語じゃなくてドイツ語で書いてた
彼女曰く、ドイツ語で書くほうが楽なんだって


今頃はドイツでパパと暮らしてるのかな?




本日も読んでくださりありがとうございます

ランキングに参加してます。
皆さんの小さな気持ちが私のブログの励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログへ



| フランスでの仕事 | 00:29 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

医者によって違う?

前回書いた記事ですが

時間があるときに下書きでブログ書いて
その日に撮影した写真のせたので
雨降ってるじゃん!みたいな?
すみません

最近いい感じに雨降ってくれてます(笑


今週はフル出勤で今日で4日目
ケータリングに比べると楽
楽しく働いてます

さて、タイトルの"医者によって違う?"ですが

昨日の朝
お母さん猫と子猫の避妊手術してきました

隣村にある獣医
こちらは2店舗ありもう一つは24時間(救急病院)
手術の予約するとどちらかの店舗から獣医が来る

前回手術したラッキーはお腹のあたりの切開してました
↑たぶん普通ですよね?

手術から帰ってきた親猫(ルーシー
IMG_3652p.jpg 
人間で例えるなら脇腹のあたり

テープもナシ このまま

昨夜は私が仕事終えたのが遅かったので
少し撫でてそのまま寝て。。

次の日ちゃんと確認したら

左右の脇腹切開してました(二ヵ所ね)

IMG_3653p.jpg 
朝から窓際で寝てます
とても辛そう

子猫のリーリー
IMG_3662p.jpg 
昨夜からシャワー室で寝てます

切開した場所にビックリですが
二ヵ所切開してテープも張らない

どうなんでしょうか?

(傷口は舐めれば治る)聞きますけど
案の定猫ちゃん達はズート傷口舐めてます

大丈夫?

二匹の手術代・・痛い出費です
でも発情、妊娠から解放されるので安心

↑二匹目の手術代金10パーセント安くしてくれました
ありがたいです!

本日も夕方から出勤です
稼がねば・・・



今は息子の親友が遊びにきてまして
IMG_36644p.jpg 

娘と友人の場合
部屋で人形遊び、ままごと系
私はほぼ放置

女の子は楽だった

息子の友人
じゃれ合い始めたと思ったらプロレス?
危険すぎて目が離せない?

これから公園に行ってきます
仕事に行く前に疲れてそう

| その他、日常 | 00:09 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT